大川の技と職人

家具の歴史

戦後の復興と全国市場への展開

昭和20年(1945年)

第二次世界大戦の敗戦による物資不足が木工関係者に打撃を与える。

 

 

昭和24年(1949年)

木工産地として復活し、家具づくりを再開。同年、国より「重要木工集団地」の指定を受ける。
また、この年、榎津久米之介の400年忌を期して「第1回大川木工祭(昭和29年から「木工まつり」となる)」が開催される。

 

戦後の発展の機械化

昭和20年、第二次世界大戦が終了すると、戦争の影響で家をなくした人々からの需要が高まり、大川の木工業は急速な発展を遂げます。昭和24年(1949年)になると、国の「重要木工集団産地」の指定を受けます。
この頃からツキ板工場ができ、木材の乾燥機が導入され、機械化が進みます。大川では「カッター・手押しかんな・自動かんな・角のみ」の4種類の機械が多く使用され、「一式」と呼ばれました。これらは、それまでの「のこぎり・かんな・のみ」での作業と比べると、約半分の工程での生産を可能にしました。

 

 

昭和27年(1952年)

いかだ流し終わる。

夜明けダム建設の年、筑後川の上流の木材を運んだいかだ流しが終了し木材は鉄道輸送をへて大型トラックの輸送へと変わる。

 

 

昭和30年(1955年)

「第1回全国優良家具展」と河内諒(工業デザイナー)

「第1回全国優良家具展」への出品により、全国の注目を集める。同年、「西日本物産展」で、河内諒デザインの和ダンスが最高賞を受賞。世に知られる大川調の「引き手なしたんす」である。

引き手なしたんす

引き手なしたんす

 

河内諒(工業デザイナー)

戦後、大川家具の近代化に大きな功績を残した人物。それが工業デザイナーの河内諒です。当時、熊本産業試験場長をしていた河内氏は昭和26年より大川に定住し、デザイン・塗装など、技術の指導や助言を行い、デザインのシンプル化と機能性を追求しました。

河内諒

河内諒

 

また、当時の業界も「創美会」など研究グループを作り、熱心な研究改善が続けられ、旧態の箱物を打破した近代的センスにあふれた大川家具への脱皮に向けて尽力。その結果生み出されたのが「引き手なしたんす」なのです。「引き手なしたんす」はその都会的なセンス漂うデザインで、大川を代表する家具として爆発的に名声を高めることになりました。

 

大川鉄道が敷設され、販路が拡大される。

また、この時期、大川家具は全国的な進出を遂げました。昭和28年大阪で開催された「筑後物産展」では、改良された大川家具を発表。好評を得て、京阪神地区への足掛かりがつくられました。それに続き、河内デザイナーが東京在住の友人の協力を得、「大倉商会」との契約を結ぶと同時に、地元にも「大倉会」を発足、東京との取引が始まりました。昭和30年(1955年)には東京で開催された「第1回全国優良家具展」にも出品。モダンなデザインで全国に「家具の町大川」の名を広め、今日の基礎を築きました。この市場開拓により、家具生産者によるまとまった取引グループ化による組織づくりが進みました。

 

 

昭和38年(1963年)

家具メーカーで組織する「協同組合大川家具工業会」発足。

【大川家具の躍進】

昭和30年代後半、使用木材の変革と、並行して開発された木工機械の技術的進歩から、生産の近代化が進み、量産態勢が可能となり、大きな飛躍をとげた。大川地区を中心に1,100の事業所が年間生産額70億円をあげ、高度成長の波にのり、一大産地を形成した。

 

 

昭和46年(1971年)

展示会場を備えた「大川産業会館」が建設される。

【大川産業会館】

この会館の誕生は新作発表、販売の大拠点としてその後の大川家具の繁栄に大きく貢献してきました。現在では年4回の展示会の他、数多くの展示会が開催され、全国より約3,000社に及ぶ販売商社が来場しています。

大川産業会館

大川産業会館

大川産業会館

 

 

昭和49年(1974年)

戦後のベビーブームによる、急激な結婚や新築のラッシュにより日本一の家具産地となる。

 

 

昭和62年(1987年)

イタリアの家具産地「ポルデノーネ市」と姉妹都市締結。
財団法人 大川総合インテリア産業振興センター設立。

ポルデノーネ市庁舎

ポルデノーネ市庁舎

 

 

平成2年(1990年)

「デザイン・イヤーin大川」の集大成イベント「国際デザイン・フォーラム」開催。世界に羽ばたくインテリアシティとして大きな一歩を踏み出す。

国際デザインフォーラム

国際デザインフォーラム

 

 

TOPへ

HOMEへ